FXや株など投資チャンス到来!

NO IMAGE

新手法が期待される

日本だけでなく世界中で猛威を振るっているウイルスによって、投資の世界も劇的に様相が変わりつつあります。
これまでの移動平均線などのテクニカル、値頃感での取引手法などが通用しなくなりつつあります。すると、個人投資家の多くはSNSや動画などで「大損したー」「退場」「引退」などの言葉が飛び交いますが、実はこれは最大のチャンス到来でもあります。

短期的にはこれまで通用しなかった手法が通用する機会が増えますし、何よりも従来の相場で苦戦した人ほど大きく勝てそうになるのです。
どれほど長期化するか現時点では不明ですが、基本的には”売り目線”で相場に挑むべきです。そして、急反発による上昇が時々起こるので、そこに注意しながら株やFX取引をするのが望ましいです。

それと、これまでのネットや本屋などで簡単に手に入る安易な手法は一旦忘れるべきです。それらの手法はコロナ渦以前の手法と割り切り、独自のオリジナル手法を生み出し、現在からコロナ渦終息後の相場に活かすのです。

投資初心者が勝てる相場が到来か?

誤解がある言い方かも知れませんが、もし個別株やスワップ狙いのFXなどを長期投資しているなら、速やかに処分するべきです。
個人的にはそこまで大騒ぎをする必要がないと思っていますが、世界中が怯えている現状は歯止めが利きません。

これは景気とは人間の気持ちが決め、株取引も気配値が大事であるのとまったく同じ現象です。
大多数が怯えて、経済活動が停止している中で、投資をするにはこれまでのやり方では通用しません。しかし、だからこそ初心者にもチャンスがやってくるのです。

もしかしたら投資やマネーゲームにおける新陳代謝による必然なのかも知れません。だから、こんな相場では初心者が有利です。
投資における古い価値観に縛られず、新しい発想で挑めるのはどんな大物投資家や潤沢資金を抱えるプロ投資家よりも、勝ちやすくなります。

最近の話題として、原油先物が歴史的な暴落となり、価格が史上初のマイナスになりました。
こんな状況が起こるとはどんなエコミストも予想が出来ず、原油が下落するほど買い注文を入れていた投資家も多く、その大半が大損となったのです。

だから、今後はどんな状況にもなると用心をしつつ、だがあまり怖がらずに自信を持って果敢に取引を繰り返すと、初心者でも短期間で大金を掴めるようになるはずです。

海外FXで口座開設をするためにかかる時間

副業をしたいけれど時間がない、副業代わりに投資を始めたいけれど余裕資金が少ないと悩む人もいるでしょう。
そんな人でも、高レバレッジを使える海外FXであれば、無理なく本業以外の収入を目指すことができます。
ただ、副業代わりに海外FXを始めたいと思っても、口座開設に手間や時間がかかるのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。

海外の業者で口座を開設するのはとても大変というイメージもありますが、オンライン上で手軽に手続きを行うことができます。
登録手続きは勿論、その先の書類の提出など全てオンラインという形で行えるため、自宅にいながらでも手軽に手続きを完了させることができます。

口座開設までにかかる期間は、業者によって異なりますが、早いところでは最短1日、遅くても2週間以内には開設可能です。中でも多いのが、数日から一週間程度で開設可能な業者です。

実際にどの程度の期間が必要か、事前に知っておきたい場合は、口座開設をしたことがある人の口コミを確認しておくと良いでしょう。
口コミで開設までの大体の日数を確認しておけば、開設までに少し時間がかかることになっても、詐欺なのではないか、手続きを進めると被害に遭うのではないかなどの不安を感じずに済むことになります。

そんな海外FXの口座開設をスムーズに進めたい場合は、まず必要書類を手元に揃えておくことがおすすめです。必要となるのは運転免許証などの本人確認書類、住民票の写しなどの住所確認書類などです。
そして、海外FXではこうした書類以外に、その書類を手に持った自撮りの提出、いわゆる自撮りIDセルフィーも求められます。

自撮りなどの提出は、詐欺被害に遭う前触れなのではないかと不安を感じる人もいますが、その身分証明書などの書類が本当にその人のものか確認するために欠かせないものとなっています。そのため、海外FXへの登録を始める前には、自撮りをする準備もしておくと良いでしょう。

セルフィーを撮影する際に重要となるのが、本人の顔がしっかりと分かるようにすること、本人確認書類やメモの記載内容が指や手で隠れないようにすることなどです。
上手く撮影できるかどうか自信がない場合は、申し込み手続きに進む前に、何度か試し撮りをしておくと良いでしょう。
事前準備をしっかりとしておけば、より早く海外FXの口座を開設することができるようになるでしょう。
今すぐ取引をしない場合でも、早めに開設を済ませておけば、思い立った時にすぐに取引を始められるようになります。