FX投資詐欺にあってしまったあるいは被害に遭いそうな場合の対処法と今後の対策

NO IMAGE

FX投資詐欺被害にあってしまったあるいは詐欺被害に遭いそうであるなどの悩みがある場合は、弁護士など法律に関する専門家に早めに相談することが重要となってきます。

さらに自分で気を付ける点としては、「これ以上勧誘は受けない」あるいは「他社が被害に遭わないように警鐘を鳴らす」など自分でできることはたくさんあるので、しっかり見極めることが大切な要素となってきます。

では、実際に被害に遭ってしまったという場合はどう対処すればいいのか、自分で見極めることが困難な場合には、やはり専門機関に見極めてもらうことになります。
詐欺被害にあってまず気になる点は、「お金を取り戻すことができるのか」という点があります。

外国人による投資詐欺被害の場合、コミュニケーションなどの観点から日本語でやり取りが困難でハードルが高く、泣き寝入りしてしまうケースがあります。

加害者は、FXを運営しているとされる証券会社の口座に資金を入金させ、被害者がFXトレードをしていると思い込んでいる部分があります。
実際は、裏で被害者からお金を巻き上げている可能性が高く、証券会社のサイトもダミーのことが多いです。

そのため、入金は国内銀行を通じて行われることがほとんどなことと、外国では「マネーロンダリング」などそれなりの規制が存在するため、実際には資金が日本に残っている可能性も考えられます。

そうした場合、加害者が勧誘した証券会社を特定し、金額を取り戻せることが可能です。そのためには、法律事務所が独自にルートがある場合が多く、それによりLINEなどのアカウントを特定することが可能です。

さらに、「振込詐欺救済法」という法律により、禍が者の口座を凍結することも可能です。
この法律は、近年多発している「オレオレ詐欺」の影響があり、被害者がなにも知らないで資金を振り込んでしまった国内の銀行口座の凍結を行うことができます。
口座が凍結されれば、加害者はお金を下ろすことができなくなり、これが返金交渉に繋がる可能性が出てきます。それで解決となれば一石二鳥です。

最後に、詐欺被害に遭わないための今後の対策について紹介していきます。
コロナ禍で「在宅でできることで収入を増やしたい」という思いから投資を始め、詐欺被害に遭ってしまったというケースを繰り返さないためには、投資話が出ても「大きな利益が出せる」などの謳い文句にのせられるのではなく、相手の話に疑問を持ち、不安に思ったらすぐに専門かに相談することを心がけることが今後の対策となります。
投資は、役に立つことでもありますから十分に勉強を重ねた上で望むことがベストです。